ペナン州 (Penang)マレーシアエリア情報

  1. >
  2. 地域
  3. >
  4. >
  5. ペナン州 (Penang)マレーシアエリア情報

About Area


ペナン州 (Penang)とは

ペナン州は、マレーシアの州の一つです。アジア大陸の東南端に位置し、東洋屈指の長大橋ペナンブリッジで結ばれるマレー半島は「東洋の真珠」や「インド洋のエメラルド」とも呼ばれる老舗のリゾートとして根強い人気の有名なエリアです。

ペナン島の中心地ジョージタウンは、2008年、マラッカとともに世界遺産に登録されおり、マレーシアにおいては首都クアラルンプールに次ぐ第二位の観光客数を誇るビーチリゾートです。

2014年2月からペナン島内の不動産購入が200万リンギット以上の引き上げがあったものの、2018年現在も、多くの新規プロジェクトが進んでおり、マレーシアの中で面積が一番小さいながらに経済は急成長しています。


ペナン州へ行くには・アクセス

クアラルンプールから陸路で5~7時間。鉄道ではマレー鉄道でKLセントラル駅から本島の対岸にあるバタワースまで約7時間、ペナン島へ行く場合そこからバスやタクシーまたは、フェリーで海を眺めながらの移動も可能です。

ペナン島には国内外へ就航しているペナン国際空港があり、クアラルンプールから約1時間、シンガポールからの場合、約1時間半でペナン島へアクセス出来ます。


ペナン州の見どころ・おすすめスポット&エリア

イギリス植民地時代は、プリンス・オブ・ウェールズ島と言われていたマレーシア屈指のビーチリゾートがペナン島の有名かつ主要な観光地です。

観光のエリアは大きく2つあり、世界遺産登録もされたイギリス植民地時代に建築された町並みが残る街、ジョージタウンと高級リゾートホテルが立ち並ぶ一大リゾートエリア、バトゥ フェリンギです。

不動産投資先として盛り上がる中、退職者にはリラックスしたリゾートでの豊かな老後を求め人気があります。


 ■ジョージタウン(George Town)

ジョージタウンは、2008年に世界遺産に登録されおり、多民族国家らしい様々文化、宗教建築が混在するイギリス統治時代の建築物及び街並みが残っている街です。

その中、新たに開発された近代的な町並みに自然やビーチが融合し、世界的に見てもダイナミックで魅力的なエリアとなっています。

現在も開発が続いており、ペナンは、投資、生活、仕事および子育ての場所として人気の場所です。


 ■バトゥ フェリンギ(Batu Ferringhi)

バトゥ フェリンギは海外からの観光客や退職後の移住への候補としても人気かつ最も有名なリゾートエリアです。高級リゾートホテルや別荘やロングステイ向けのコンドミニアムなど立ち並び、最近だとインター校が開校するなど、子育て移住の地としても注目されています。


ペナン、不動産投資のポイント

全体的な市場活動が2015年以降下降傾向を続け、ペナン不動産市場が底を打っていると見込まれています。ペナン市場は、2018年に概ね抑制され続けると予想されています。これは、特定の不動産部門の需要と供給の不均衡と購買力を低下させる増加した生活費を考慮している。

2017年11月初旬、ペナンは暴風雨や洪水の影響を受け、購入者や入居者は自然災害の影響を受けたペナンの物件を購入しなくなりました。しかし、その不動産市場への影響は短期間であると予想されている。ペナンのコンドミニアムの平均価格は1平方メートルあたりUS2,682ドルであり、今後数年間はこの数値を付け回る予測です。

Sale

カテゴリー